Profile

H・A・R・U・N・A
Haruna OKUYAMA 奥山華名

和歌山県新宮市出身(坂本篤子)。
2005年よりパソコンを使用し、デジタルによる彩色を始める。当初は二科展デザイン部、千葉デザイン展等に出品。
2010年からフランスのサロン・ドートンヌに応募するようになる。2014年3月サロン・ドートンヌ会員推挙。2015年のデジタルアート部門新設に大きく貢献し、部門創設メンバーとしてデジタルアート部門初の会員。

Dehors,dans la nature,je sens le naturel et le surnaturel… Ma démarche est de découvrir l’essence des choses dans l’apparence pour en tirer un motif qui sera exprimé sur le plan artistique.

自然の中で、自然と超自然を感じ、そして自然物…とりわけ私にとって親密な植物や昆虫そして鳥や動物…の表象から、その真髄(エッセンス)を抽出します。いわゆる捨象です。こうしてオリジナル文様が生まれ、さらにこの文様をアートに昇華させます。
心を研ぎ澄まし、心を開放し、超自然の光の中で、私は光の粒子に包まれる。時間と空間からの解放。唯一の私の居場所、私の実存。

サロン・ドートンヌとは

フランス最高峰の画壇の一つと言われるサロン・ドートンヌ(Salon d’Automne)は、1903年、マティス、ルオー他の参加によって誕生しました。
近年は、パリのコンコルド広場から凱旋門へのちょうど中間辺りでしょうか…、地下鉄の駅で言うとシャンゼリゼクレモンソー駅を出たところのシャンゼリゼ大通りの歩道上に設置された白くて長い、トンネル状の特設会場で展覧会が開催されています。automneは秋という意味で、名前の通り、展覧会は秋に開催され、期間中は会場内でコンサートなども行われ、大勢の、芸術を楽しむ人々で大賑わいです。フランスでは、アートはとても身近なもので日常生活に密着しているのです。
この展覧会を登竜門に、またこの画壇での活躍をベースに、素晴らしいアートを作るアーチスト達が生まれてきました。モディリアニ、セザンヌ、ルノワール、ピカソ、ミロ、ロダン、ユトリロ他。日本人では、藤田嗣治、佐伯祐三、岡本太郎、織田広喜、ヒロ・ヤマガタ他。 サロン・ドートンヌについての詳しいこと、客観的説明は、Wikipédia他をご覧ください。(2019.2)

(Salon d’Automne)
Ce dont je voulais parler dans l’interview.
-インタビューで話したかったこと-

Qu’est ce qui vous inspire ? 何からインスピレーションを得ますか?
La lumière,  les particules de lumière!
Au pays de la lumière, je recueille les particules de lumière à ma guise et je les tisse librement. Tisser, tricoter, tresser.
Ensuite de quoi, les couleurs et les formes y sont créées. Le pays de lumière est plein de tranquillité et de douceur, en transcendant le temps, il n’y a que des particules de lumière. Lorsque je sens la lumière, une image me vient soudain à l’esprit, je la poursuis et tisse les particules de lumière, des couleurs et des formes y sont créées et l’œuvre s’achève.
Je veux transmettre la lumière que j’ai ressentie aux gens à travers l’art. Ou encore je crée quelque chose qui se reflète dans la lumière et ce reflet est ce que j’appelle «ce que j’ai vu». De plus, quand je suis dans le monde de la lumière, les paysages qui découlent de mon expérience et de mes propres sentiments me viennent à l’esprit. Et cela se reflète dans le monde de la lumière. Je crée les deux. En tout cas, ils transcendent le temps et l’espace.
光、光の粒子です。私は光の国で光の粒子を好きに集め自由に編む。そうするとそこに色と形が創造される。光の国、そこは静かで温かく、時間を超えていて、光の粒子しか存在しない。

私が光を感じ取っていると、ふと何かのイメージが心に浮かんでくることがある。そのイメージを追い求めて光の粒子を編んでいると、そこに色と形が生じて、作品が出来上がっていく。
私は、私が感じ取った光そのものを、アートを通して人々に伝えたいと思う。あるいは、私は、その光の中に映し出されてくるものを描く。これを私は、【私が観たもの】、と称している。また、その光の世界の中に身を置いていると、自身の体験からくる風景や自身の心情が自身の心に浮かんでくる。そしてそれが光の世界に映しだされてくる。私はそれを描いたりもする。いずれにせよ、それらは時間と空間を超えもの。

Que voulez-vous exprimer à travers cette œuvre ? 作品を通して何を表現したいのですか?
 “Ce que j’ai vu”.  Mais ce n’est pas la scène que je vois avec mes yeux. Il existe deux sortes de perception comme ci-dessus.
L’une est la lumière elle-même capturée par ma sensibilité.
L’autre est la suivante : C’est une scène où tout ce qui me vient à l’esprit se reflète dans le pays de la lumière, comme les images qui se reflètent dans mon cœur, l’espoir, les émotions négatives…etc.
Dans ma vie, quand j’étais seule dans le désert et épuisée au fond de l’enfer, le monde que je voyais à cette époque était complètement différent de celui d’avant. Et les valeurs y étaient également basées sur des critères de valeur totalement différentes. De plus, je me suis battue et quand j’ai percé le fond de l’enfer, je suis entrée dans un monde infini. C’était un pays rempli de lumière tranquille et claire. C’est cette lumière qui pénètre dans toutes mes œuvres de 2019.
私が観たものです。でもそれは私が実際に目で見ている情景ではありません。それには二種類あります。一つは、私の感性がとらえた光そのもの。もう一つは次のようなものです。私の心に映し出されている心象風景、そして希望、心に湧き出す負の感情など、心に生じてくるあらゆるものが光の国に映し出された情景です。

私は自身の人生において、一人荒野に立たされ続けていた時、また地獄の底で力尽きていた時、その時に観た世界は、それまでのそれとはまったく異なるものでした。そしてそこでの価値観もまた、それまでのそれとはまったく異なる価値判断基準によるものでした。そして更にもがき苦しんでその地獄の底を突き抜けた時、無限に広がる静かで明るい光の世界に出ました。この光が、私の2019年の作品を貫いています。

Que cette œuvre vous a-t-elle appris ? この作品から学んだことは?
Je poursuis la beauté de l’expression numérique depuis 2005. Il m’a fallu 14 ans pour pouvoir exprimer ce que je voulais créer. Mais ce n’est que la première étape. Je continuerai à la poursuivre.
J’espère fortement pouvoir exprimer la lumière que je ressens maintenant, et non les scènes réellement visibles, ainsi que ce qui se reflète sur l’écran de mon cœur en transcendant le temps et l’espace.
La lumière est magnifique, si vaste, si brillante que je ne peux pas exprimer sa beauté. C’est pourquoi je me suis absorbée dans l’étude de l’expression. Pourtant, dans le travail fini, la beauté de la lumière que je ressentais n’est que faiblement exprimée. Dans mon travail, seule une petite partie de la lumière est exprimée et je ne peux que faiblement exprimer la splendeur de la lumière. La lumière est infinie. Je sens mon impuissance devant mon travail.

Quand je regarde mon travail fini, je pense à ce qui suit. Dans la prochaine série, je veux créer des œuvres plus raffinées et plus brillantes. Des œuvres qui brillent doucement. Mes travaux futurs ne devraient pas être les mêmes que ceux du passé.
Le travail que je vais faire n’est pas le même que le travail passé. Je veux en sortir.
私はデジタル表現の美しさを追求して、技法を研究してきました。2005年からで、14年間です。14年かかってようやく、自分が創造したかったものが表現できました。でもそれは第一段階という意味です。これからも追求を続けます。

現実に見えているものではなく、今感じ取っている光そのものの加減を表現したい。また、時間・空間を超えて私の心のスクリーンに映し出されるもの、を表現したい。
光はあまりにも美しすぎて、広大過ぎて、輝きがありすぎて、とても表現しきれません。だからこそ私は表現の研究に夢中になります。出来上った作品では、私が感じ取った光の美しさが、ほんのわずかしか表現されていません。私の作品では光の全体ではなくごく一部しか表現されていませんし、私は光そのもののすばらしさを弱々しくしか表現できていない。光は無限大。私は私の作品の前で、自分の無力さを痛感します。また私は出来上がった作品を観ていると次のことを思います。次のシリーズでは、より洗練されていてより輝く作品を作りたい。穏やかに輝く作品です。これから作る作品は、過去のそれと同じではいけない。抜け出す。

Qu’aimez-vous dans la création ?創作において何が好きですか?
Je peux jouer au pays de la lumière. Il y a une vraie liberté là-bas. Il semble y avoir de la solitude parce qu’il n’y a que de la lumière, mais je ne me sens pas seule sous la lumière. J’y tricote(tisse) librement les particules de lumière là-bas. Les humains vivent dans la prison du temps et de l’espace. Je ne suis libérée de cette prison que lorsque je crée au pays de la lumière.
光の国で遊べること。そこには真の自由がある。そこには光しかなくて孤独のように思われるけれど、光の粒子に包まれていると私は孤独は感じない。そしてそこで私は自由に光の粒子を編む。人間は時間と空間の枠組み(牢獄)の中に閉じ込められて生きているけれど、私は光の国で創造している時だけ、時間と空間から解放される。

HARUNAのつぶやき

奥山華名 Haruna Okuyama は、デジタルアート作品を2010年からサロン・ドートンヌに応募してきました。オリジナルの文様をアートに昇華させた作品です。この【文様のデジタルアート】は、サロン・ドートンヌに驚きと喜びをもって受け入れられ、急速に評価を高めていきました。イラスト史に無いオリジナルの文様、文様のアートという新しいジャンル、デジタル表現の美しさ、(デジタル技法でありながら)デザインの領域に留まらないアート性の高さ…。
私がパソコンを使って作品を作り始めたのは2005年です。その時から14年、今ではIT技術の高度化により、パソコンの性能(処理速度そして扱えるデータ量)は当時と比べものにならないものです。当時のパソコンは、処理速度がとても遅く、入出力もUSB1で低速。さらにメモリが少なくてしょっちゅうシステムダウン。メモリもハードディスクも、ギガ(G)が単位ではなくメガ(M)の時代です。思い通りに作品を作ろうとしても、ソフトウェアがフリーズ、システムがダウン。作品を深く作り込むことができません。こんなパソコンで何が作れるか…【表現技法】を研究しました。また、せっかく作った作品も、一般的なプリンタでは色が再現できず、また光に当たると色が褪せてしまうなど、販売する上で大きな問題がありました。また当時は、パソコンで作った作品は、アートとして扱ってもらえず、デザインかフォトに近い扱いを受けました。
デジタル技術の目覚ましい進歩は、遅かれ早かれ、アートの領域にも新しい風を吹き込み、時代は、デジタルの華が大きく開花するのを待っていたと言えると思います。そんな時代性と共に、私のデジタルアートが、【サロン・ドートンヌにデジタルアート部門を誕生させる】 その一つの起爆剤になることができたのは、また<アートは手描き>という旧来の常識を破って、【デジタルアートが、新しいジャンルとして芸術分野の中に存在場所を得る】ことに少なからず貢献できたのは、このような過渡期に、私の心がデジタルアートに向き、そして様々な困難の中でもただひたすら作品を作り続けてきたからだと思います。このことに気づいたとき、私が人生の中で長年抱えてきた【自分の居場所がこの世には無い】という思いは、【実は気がつかないだけで、誰にでもこの世に居場所が与えられているのかもしれない】【私にも居場所があるのかもしれない】という思いに変わりつつあります。ただしそれは、実際の活動の場という意味ではなく、あくまでも心の問題としての…。(2019.2)