Salon d’Automne 2010

オリジナル文様、そしてそれを使ったアート。デジタルの美しさを追い求めて5年、サロン・ドートンヌに初めて応募しました。